技術士資格を輝かせる!
建設コンサルタントなび「やりがい事典」
sponsored by 株式会社フジヤマ
目次
Challenging Job!

技術士建設部門の仕事内容

技術士建設部門の資格はどんな業務に活かせるか

技術士建設部門の資格を持っていると、国や地方自治体、企業に所属して、インフラ整備等の業務に携わることができます。

就職先は、建設会社の技術開発や研究部署、民間コンサルタント企業や官公庁が一般的です。

官公庁の場合、民間企業のように大幅な年収アップは期待できませんが、収入面で安定しており、ワークライフバランスを取りやすい点に魅力があります。ただ、官公庁へ転職できるのはごく僅かで、技術士としての経験はもちろん、面接対策などもしっかりと行わなければなりません。

独立している技術士の場合、公共事業の事前調査を請け負ったり、中小企業での技術指導などをしていたりするケースもあります。

建設業において、建物の計画や設計は建築士の仕事です。技術士はあくまでもその業務に対する指導や調査を行う立場であり、主な仕事は以下のような内容となります。

他にも、技術士の資格を活かせば建設コンサルタントや設計技術者として活躍できます。

建設コンサルタント

建設会社が公共事業に参加する場合、入札順位を決める際に資格保有者がいると契約の可能性が高まります。

そのため、大手ゼネコンに勤務していた技術者は会社側から促されて技術士資格を持っていることが多く、取得後に独立するチャンスもあります。

建設コンサルタントは、河川など公共工事の全体計画を組むのが主な仕事。公共事業の際に必要な全体の調査や計画、管理、評価、設計を行うためデスクワークの割合が高めです。

インフラの根幹に携わる仕事なので、影響が及ぶ範囲も大規模。ときには国内を超え、海外の人たちとも関わっていく機会のある、責任ある仕事と言えます。

設計技術者

設計業務を中心に、さまざまな建設案件にかかわるのが設計技術者です。

建設部門の設計技術者は一般住宅よりも土木設計を扱うことが多く、プロジェクトも長期にわたる大規模なものが多いのが特徴です。

公共事業では、業務の管理や統括をする者として技術士(管理技術者)の配置が求められるため、資格を持っていると活躍できます。業務の責任者となり、担当技術者の時とは違った視点で主体的に業務をコントロールしていく立場です。責任ある仕事ですが出世に繋がりやすく、自分自身の価値も高められるでしょう。

全国に拠点を拡大し続けている
建設総合コンサルタント

静岡県浜松市に本社を置く株式会社フジヤマは、コンサルタント分野をはじめ、国土基盤(測量・調査)、空間情報(地理情報)といった3つの部門で構成されている建設総合コンサルタントです。国や自治体における建設コンサルタントの幅広い事業領域をワンストップで提供。地元はもとより、全国に拠点を拡大、成長し続けている企業です。

中途採用情報
  • 応募資格…技術士資格を保有し、実務経験のある方。
  • 歓迎分野…総合技術監理部門
    建設部門:鋼構造及びコンクリート/道路/河川、砂防及び海岸・海洋/都市及び地方計画/建設環境/港湾及び空港、上下水道部門:下水道、農業部門:農業土木/その他、森林部門:森林土木、応用理学部門:地質、環境部門:環境保全計画/自然環境保全など。
    ※経験・資格により優遇。
  • 勤務地…静岡県浜松市・静岡市、東京都、名古屋市ほか。
  • 詳細・お問い合わせ・ご応募
    下方にあるオレンジ色のボタンから、公式サイトの採用情報ページをご確認ください。
建設コンサルタント・株式会社フジヤマの現場(橋梁)
株式会社フジヤマ 本社所在地 静岡県浜松市中区元城町216-19
拠点 【支店】静岡、沼津、名古屋、豊橋、豊川、東京、福岡
【営業所】磐田、袋井、掛川、島田、藤枝、焼津、富士
横浜、相模原、多摩、埼玉、千葉、山梨、豊田、西尾、三重、岐阜、大阪、神戸、大分、宮崎
事業展開 都市計画、区画整理、補償調査、航空写真測量、地上測量、深浅測量、土木設計、造園設計、上下水道設計、建築設計、設計管理、地理情報システム、地質調査、環境アセスメント、他
連絡先 053-462-8800(総務部採用担当・田中)